« フュッセン | トップページ | 山猫軒 »

2012年9月24日 (月)

世尊院

Sessonin Beginnings主催の日本再發見プロジェクト「モノがたり」で、今回は阿佐ヶ谷を訪ねた。祭り囃子の聞こえる中、世尊院で副住職と共にお經を上げ、説話を聞いた。「宗教が心を育てる」「お天道樣が見てゐる」と云ふ話の後を受けて、HMV102を本堂で掛ける。

 常々「音樂は心を豐かにするもの」と思つてゐたので、そんな解説を交へ乍ら、阿佐ヶ谷ジャズ・フェスティバルに因んで、グレン・ミラー樂團の《アメリカン・パトロール》 RCA Victor 20-1564A、ナット・キング・コールの《Embraceable You》 Capitol 20009、グレン・ミラー樂團の《アウト・オブ・スペース》 HMV BD5565の3曲を掛けた。疊はかなり音を吸ふので方丈内に腰掛けを置き、その上に蓄音機を設置。案外いい音がしたが、ゼンマイが弱いので途中で止まつてしまふこともあつた。


|

« フュッセン | トップページ | 山猫軒 »