« ご飯 | トップページ | 西陣の町屋 »

2012年10月 5日 (金)

葛切り

Kagizen4_2 祇園まで足を伸ばしたら、必ず寄る「鍵善良房」。但し、此処でも長蛇の列で葛切りがずっと食べられない。もう15年以上食べてゐないのだが、今回覗いたら老婦人一人切りしか待つてゐなかつた。では、改装されて初めて這入る。以前は二階席で食べたものだが、今は店奧となつてゐる。藏の見える奧庭も綺麗で、皆、葛切りを食べてゐる。 一寸、量が多いので一緒に行った方に葛切りを勸めて、自分は和菓子と御薄。

 滑らかな餡が美味しい。御抹茶でも心も落ち着く祇園町。一口、葛切りも頂いた。猛暑の中並んで食べた先回の記憶が鮮やかに蘇る。柔らかい氷水に浮かぶ葛切りは柔らか過ぎず、堅過ぎず、丁度いい鹽梅。それを附ける黒蜜がこれまた美味。至福の時間となつた。


|

« ご飯 | トップページ | 西陣の町屋 »