« ドイツワイン祭 | トップページ | 駱駝 »

2012年10月29日 (月)

東京ドイツワイン協會

Bitte 東京ドイツワイン協會の例會が赤坂のビッテであつた。

「ハムの盛り合はせ」とモーゼルのゼクトで始まり。「ツヴィーベルクーヘン(玉葱のキッシュ)」にアダムの2011年 ドローナー・ホーフベルク・リースリング・ファインヘルプの仄かな甘味に癒され、「シュタインピルツ(山鳥茸)のシュペッツレ」にナイスの2010 ヴァイスブルグンダー・アルトレーベン・トロッケンに思春期の横を向いた少女を感じ、「ほろほろ鶏のロースト」には、クレーメンス・ブッシュの2008年 ピュンダーリッヒャー・マリーエンブルク・ファールライ・テラッセン・グローセス・ゲヴェクスの質の高さに酔い、ドメーネ・アスマンズハウゼンの2010 ヘレンベルク・シュペートブルグンダー・トロッケンね気品を感じ、「チーズケーキ」にフリッツ・ハーグの2002 ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウーア・リースリング・アウスレーゼの若々しさに驚いた。

 何年振りにシュタインピルツを食べたであらうか。フェファリンゲン(杏子茸)と共に舌で覺へた秋の味覺は忘れない。


|

« ドイツワイン祭 | トップページ | 駱駝 »