« 文樂へようこそ | トップページ | 油繪 »

2012年12月15日 (土)

文樂十二月公演

 本公演は《苅萱桑門筑紫いえづと》より〈守宮酒の段〉〈高野山の段〉、そして《傾城戀飛脚》より〈新口村の段〉。

 前半は浮氣な優男と媚藥である家守の酒を飲まされて貞操を失ひ自害してしまふ清純な娘の話に、家寶の「夜明珠」が絡んだ前半と、僧となった父親が遙々訪ねて來た實子に、佛の戒律から名乘れない葛藤が描かれてゐます。三輪大夫のビブラートを引き繼ぐ筈の千歳大夫が病氣休場の爲、此処でも呂勢大夫が若さで頑張つてゐた。それ故、續く本來の持ち場の〈高野山〉と休憩を挟んで長時間語ることとなつたが、全く動じず立派であつた。

 そして、後半は此処でも忠兵衛、梅川の落ち延びた後の場面。《冥途の飛脚》では父は捕らえられた息子と再會しますが、こちらでは梅川の機轉で父孫右衛門が目隠しをしたまま息子と對面し、手を取り合ひ、途中で梅川が目隠しを外し、今生の別れを果たすと云ふもの。咲穂大夫の通る聲の後、文字久大夫は錦糸さんのかっちりとした伴奏に、しっかり語つてゐたが、今ひとつ。どうしても、住大夫師匠と比べてしまふ。時折、言ひ廻しがそっくりなところがあつて吃驚もさせられるが、語り分けが今ひとつ。精進されてゐると思ふので、道半ばを應援したい。

|

« 文樂へようこそ | トップページ | 油繪 »