« 地産地消 | トップページ | 乾燥熟成 »

2012年12月 1日 (土)

 本日から、師走。すき燒今朝は營業してます。

 文樂、歌舞伎、薩摩琵琶、常磐津、長唄と親しんでゐるので、未だに體驗したことがなかつた能を觀に、亀井廣忠プロデュース能樂舞臺 「舞歌(ぶが)の至藝」を觀に、日經ホールへ。日經電子版の抽選で當たり割引價格となつた。

 當代觀世宗家の觀世清和、梅若玄祥、觀世銕之丞と云ふ現在望みうる最高峰のシテ方故、聲の出し方、居住まひ、所作が美しい。謡曲を習つたり、舞を習つたりしたくなる。ゆっくりとしたテムポだと、昔の言葉で聞き取れず、あッと云ふ間に寝入つてしまふ。氣附いて目を開けると、まだ同じやうな動きで、なんだか《トリスタン》のやうでもある。うすぼんやりとしか、その良さは理解できないが、脈々と傳へられ、續けられて來たものだと云ふことは肌で感じられた。

|

« 地産地消 | トップページ | 乾燥熟成 »