« 基督降誕祭 | トップページ | 文樂へようこそ »

2012年12月13日 (木)

扇面

 其の後、柴田悦子畫廊へ行き「夏炉冬扇展+縁起ものたち」を觀る。スクーリングでしたか、などとまるで先生扱ひされたのには笑つた。
 難しい扇面の繪に果敢に挑戰した若い作家さんたちの作品に加へ、印度の神樣を描いた作家さんの解説があり、此処でも賑やかに見せて頂いた。そして、ひとりひとりにお茶を振る舞つて頂き助かつた。そして、奥野ビルへ案内。
此処では銘々、思ひ思ひに觀て回るやうにしたので、昇降機に乘るのに列を作つた。中でも、お伽話のやうな作品を描く長澤 星、金地に中華風の男の子がパンダを持つ繪が並ぶ鬼頭智子が面白かつた。かくして、畫廊巡りは終了。10名を超えるとなかなか難しい。

|

« 基督降誕祭 | トップページ | 文樂へようこそ »