« 睨まれる | トップページ | 屋上庭園 »

2013年1月10日 (木)

タンプレ

 娘たちが盛んに「タンプレ」がどうのかうのと話してゐるのに、違和感を覺へた。何か單語プレイング・ゲームの省略形かと思つてゐたら、「誕生日プレゼント」のことであつた。若い人同士では通じる符牒は我々の頃も、親父の代も、ずっと前からあつた筈だが、單純に縮めただけの單語が理解できなかつた自分の愚かしさに年の差を感じ、新しい言葉を知つた小さな喜びと、その兩方に嘖(さいな)められた。時代はゆっくりと動いてゐるのだ。

|

« 睨まれる | トップページ | 屋上庭園 »