« 亞細亞の息吹 | トップページ | 十四代 »

2013年1月25日 (金)

街歩き

Hantei_chikuonki Beginnings主催、日本再發見プロジェクト「モノがたり」第6回は、湯嶋、根津界隈の街歩きから始まった。舊岩崎庭園から根津神社へ解説附きで歩き、最後の目的地、木造三階建ての串揚げ所「はん亭」に到着し、いつものやうに蓄音器演奏。今回は木造の建物に合はせて、提琴特輯とした。

 ELGER: Salut d'Amour
 エルガー: 愛の挨拶
 Isolde Menges (Vln.), Elleen Beattos (Pf.)
 HMV D1313 (CC10978-2) 1927年録音

 SARASATE: Zigeunerweisen
 サラサーテ: ツィゴイネルワイゼン
 Vasa Prihoda (Vln.), Otto A. Graf (Pf.)
 Deutsche Gramophon Gesellschaft 30016 (6331 GR, 6332 GR) 1935年録音

 DINUCU / HEIFETZ: Hora Staccato
 ディニク(ハイフェッツ編曲): ホラ・スタカート
 Ginette Neveu (Vln.), Jean Neveu (Pf.)
 La Voix de son Maitre DA1865 (OEA11167-1) 1948年8月12/14日録音

 京都の町屋に比べると、天井裏があり板の間に置いた所爲か、案外響いた。それでも、箪笥の上、棚の上、床に直接と色々試聽した結果、卓子の上がよいと判った。録音年代の違ひ、演奏者の違ひが少しは傳はつたと思ふ。30分と云ふ短い時間で、ポータブル蓄音器や針の話なども交へると三曲が精一杯。

 そして、今回は串揚げに日本のワインだけを合はずべく準備した甲斐もあり、きちんとワインの説明も添へてこちらの意圖も傳はり、和やかな會となつた。

Haitei_chiku2


|

« 亞細亞の息吹 | トップページ | 十四代 »