« 小さな繪 | トップページ | 講談師 »

2013年2月 7日 (木)

奏樂堂

Sougakudou 奏樂堂で演奏會があると聞いた時には、てっきり舊奏樂堂だと勘違ひしてゐた。

 顔本友達でもあり後輩でもある方の大學院音樂研究科、學位審査會公開演奏會を聽きに出掛けた。試驗なので、後方で先生方が審査をしてゐるが、無料公開と云ふのが嬉しい。勿論、初めて足を踏み入れたのだが、まるで、歐州の教會の中に居るやうな、壮麗なパイプオルガンの音が迫力があるどころか、どっぷり音に浸る感じ。

 その方はオルガン部門三人のうち最後の演奏で、ホール全體がバッハの音に包まれ、オルガンの音に包まれて、浮遊するのだ。唯、耳を澄ます迄もなく、ホール全部が鳴り響き、居るだけなのに、地に足が附かず、宇宙に飛び出して、浮かんでゐるやうな感覺に襲はれる。

 バロックらしい輕やかで装飾音に溢れた曲の演奏、前につんのめりさうな勢ひでぐいぐいと進む演奏の後、樓閣を仰ぎ観るやうな演奏で、それぞれの人の個性的な演奏が面白かった。

|

« 小さな繪 | トップページ | 講談師 »