« 作陶展 | トップページ | 猫 »

2013年3月14日 (木)

朧夜

 昨日は銀座に戻り、資生堂裏のビル8Fに在る兜屋画廊で水谷昇雄展「朧夜」を觀る。銅版畫の上に木版畫で色附けする凝った作品やアクリルで描いた極彩色の作品の他、木製のオブジェも。

隣室を一通り觀たところで、一旦、電氣を消し、ブラックライトに浮き上がる作品は全く違う輝きを鮮やかに放ち面白い。この樂しさは、ネズミーランドのアトラクションの中のやうだと思つたら、實際に作家は裏方として20年以上暗闇に輝く繪を描いて来たので、それを活かす作品はないかと考へたのだと云ふ。だから、ぼんやりと、しかし、目が慣れるとくっくり浮き上がる繪。これは樂しい。期間中は大勢に體驗して貰ひたいものだ。

|

« 作陶展 | トップページ | 猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作陶展 | トップページ | 猫 »