« 刃物の町 | トップページ | 鵜飼ひ »

2013年5月22日 (水)

うまいもの

 關市の美味いものと云つたら、まづ鰻。それに夏は鮎。そして、佃煮かな。イカダバエが一番好きだが、今なら「モロコバエの佃煮」。角鍬商店さんのは添加物もなく美味。ご飯が進む。
 生麩を焚いた大黒屋さんの「伊深(イブカ)志ぐれ煮」。まるでお肉のやうでもあるが、純植物製。

 そして、和菓子なら本町通りの虎屋さんの「小瀬の若鮎」がほんのり甘い求肥が美味。孫六煎餅さんの玉子、小麦粉、砂糖だけを使つた、パリパリとしてカステラ風味の「孫六あゆ」。

 訪れた際には必ずお土産に買つて歸へるため、他の人にもお勸めした。但し、今回は大勢故、狭い店なので豫算に組んで人數分買つて、バスの中で説明を受けた。

|

« 刃物の町 | トップページ | 鵜飼ひ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刃物の町 | トップページ | 鵜飼ひ »