« 先生の先生 | トップページ | 主人公 »

2013年6月28日 (金)

漱石と美術

 東京藝大美術館の「夏目漱石の美術世界展」も觀た。

 入場料大人1,500円に高いとは思つたが、小説に出てくる繪畫や彫刻、掛軸など丹念に拾ひ上げ、抜き出した文章と共に、その實物が見られると云ふ面白い企劃。學藝員もさぞかし力を入れたのであらう。

 英國留學の影響を色濃く残した、漱石の好みも解り、交際した畫家たちへの批評もどこか温かい。中には嫌ひだとか下手だとかずばり言ひ放つものもあるが、それは友達だから敢へて言ふ感じがした。また、橋口五葉作の初版本装丁下繪だとか、本人が描いた南畫など始めて觀る作品も多く、選んだ作品と云ひ、全體の量と云ひ、とても樂しかつた。

 唯一殘念なのが導線。1階入口から昇降機で最初に3階會場、それから地下2階の會場、そして出口は2階と變速的な上に、2臺しかない昇降機がごった返してしまふ。狭い會場をもッと有効利用できなかつたのか、何か他に解決策もあつたやうな氣がする。素晴らしい企劃展だけに、とても殘念。

|

« 先生の先生 | トップページ | 主人公 »