« 鹿肉 | トップページ | シュトラウスヴィルトシャフト »

2013年9月20日 (金)

白磁

MeissenMeiseen2_2 マイセンと云へば白磁で有名なので、勿論、工房も訪ねる。以前は日本語の解説機器を渡されて見學であつたが、今回は部屋毎に係員が電源を入れて日本語の案内を流す仕組みに變はつてゐた。然も、豫約時間に行っても、それから團體を一般見學者の間に入れるので、だいぶ待たされた。その間に買物をしろと云ふことなのであらう。カフェで30分位時間を潰すか、上階の博物館を見學する他、賣店しか行くところがなく、結局、散在してしまつた。
 歴史のヴィデオを見せられた後、釉藥を掛ける前の細かな部品を接着工程、繪柄を描き入れる工程などを見る。流れ作業のやうに見せられるので感慨もない。

|

« 鹿肉 | トップページ | シュトラウスヴィルトシャフト »