« 闘牛場 | トップページ | 奇想 »

2014年1月31日 (金)

三越美術

 日本橋三越で、寶居智子さんの菊花圖「高貴」が掛かつてゐる《三越美術特撰會》を觀た。亡くなってゐる評價の定まった畫家から、最近賣り出し中の若手まで、幅廣く、數萬圓から數千萬圓と、桁にも差がかなりあつた。

 そして、階下の《薩摩燒 第十五代沈壽官展》にも足を伸ばす。丁度、ご本人は談話中にてご挨拶できず。繊細な編み目であつたり、細かい繪柄や意匠に金を使ひ、實用品を超えた美術品ばかり。

 銀座へ戻り、靖山畫廊では《若手作家日本畫展》にも立ち寄る。面白い作風も多いが、自分好みは見附けられなかつた。

|

« 闘牛場 | トップページ | 奇想 »