« 重ねた線 | トップページ | 光の音 »

2014年2月 5日 (水)

枝折

 「枝折」とは、本に挟む「栞」の語源で、山道を歩く際に枝を折り、道標にしたことに由來。藝大日本畫專攻二年生の仲間展「しおり」を觀に、江戸川橋のGallery NIWへ。ファミマの先を左折と地圖にあつたが、細い路地を見落とし先まで行ってしまひ、かなり迷った貸畫廊。

 此処には、古家野雄紀さんも參加してをり、入口の小部屋の壁三面に展示してあつた。各作家が丸面に描いたものの他、從來と同じ正方形や縱長の群像作品や、新しく描いたと云ふ屏風繪など。初期の作風だと云ふ、より日本畫の技法に近いものに比べると、現在の人物の金枠が少し盛り上がった作品の方が、煌びやかで元氣があつて面白い。而も、クリムトの「接吻」を思ひ出させるのだ。中には、正月に伊勢丹で觀たのと同じやうな螺旋群像に「八犬」と云ふ題があり、これは犬が八匹隠れてゐると云ふ。

 同じ下繪の螺旋群像構圖でも、描かれる人物の服の色が違ふため、全く別物に見えて來るから不思議。基本的に赤系統と青系統の色しか入つてゐない筈なのに、雰圍氣ががらりと違ふ。七月にも個展を開くと云ふので、今後が實に樂しみ。

|

« 重ねた線 | トップページ | 光の音 »