« 猿回し | トップページ | 誕生日祝ひ »

2014年2月24日 (月)

 文樂二月公演第三部は辯慶一度の戀の後日談と頼朝と義經の不和を扱つた《御所櫻堀川家討》。三輪大夫はビブラートを効かせて朗々と語るが、奧の英大夫はどうも寝てしまつた。團七の三味線もいつもと何か違つて不自然に感じた。
 後半は狐が舞ふ《本朝廿四考》ではベタな嶋大夫の切り場後、呂勢大夫と清治のコンビで〈奧庭狐火の段〉。こちらは冴えた亘った三味線に呂勢大夫の語りがよく、程良い緊張感に、藝達者な勘十郎の見事な狐と八重垣姫の狐憑きの舞が素晴らしかった。これが、玉女だと動きが硬いので、當代一の勘十郎だと安心して觀られる。

|

« 猿回し | トップページ | 誕生日祝ひ »