« 面談 | トップページ | 集まり »

2014年6月17日 (火)

墨垂らし

 先週、柴田悦子畫廊に「森田晴樹展」を觀た。ご縁がなく手にすることはなかつたが、濃い墨を背景にぼんやり花にだけ光の焦點が當てられたやうな獨特な形式が美しい。墨と金しか使つてゐないのではないか。今回はそれに螢も飛んでゐたのが如何にも清々しい初夏を思はせる。また、どんと真ん真ん中に花が來る從來の作風ばかりか、背景の黒部分が多く、左右に花を配置した作品もあつた。これは初めてである。
 ご年配の作家さんだと聞き及んでゐるが、常に進歩してゐるのだ。自分も見習はねばなるまいて。

|

« 面談 | トップページ | 集まり »